スマートフォン解析

カナガンはアレルギー持ちの猫でも安心して食べられる低アレルギーとなっています。

低アレルギーフード・カナガン

 

本

低アレルギーという言葉を聞かれたことがあるとは思いますが、低アレルギーフードとは、一体どのようなフードなのでしょう?

 

低アレルギーとは?

 

低アレルギーフードとは、アレルギー反応を起こしにくいといわれる食事(フード)このことを指します。
もちろんカナガンは、低アレルギーフードになります。

 

カナガンは、フードを作る際に使用する原材料に、アレルギーの原因となりやすい小麦やとうもろこしを一切使用していません。

猫と少女

 

猫に何1つメリットがないといわれている穀物類、つまり小麦やとうもろこしが入っていないだけで、アレルギーの心配は大きく軽減されます。

 

ですので、アレルギーが心配な猫の場合にも穀物不使用のカナガンはとてもオススメできます。

 

 

穀物以外でもアレルギーになることも!?

黒板をさす猫

 

猫がアレルギーになりやすい物質は、穀物類だけではありません。
他にも、牛肉成長ホルモン剤等もアレルギーの原因になりやすいともいわれていますが、カナガンはこれらも一切使用しておりません。

 

ちなみに、猫の健康に悪影響を及ぼさない程度の、添加物を微量にフードに配合して使用しているキャットフードも存在していますので、購入する際は注意する必要があります。

 

また、砂糖も添加されていないため、猫の歯の健康にも良いと言われています。

 

猫が何のアレルギーに反応するのか特定されている場合、いくらカナガンが低アレルギーフードだからといっても、アレルギーの原因となる物質が微量でも入っている場合は、絶対に与えないようにしましょう。

 

 

アレルギーの症状

では、アレルギーになると、どのような症状が猫の体にでるのでしょうか?

 

主に、皮膚に出ることが多いといわれており、多くが皮膚の痒みフケ異常な抜け毛毛艶が悪くパサパサする脱毛乾燥発疹等の兆候が現れるといわれます。

 

もちろん、個体差によって症状はさまざまですので、気になることがあれば早めに獣医師に相談し、そこから必要であればカナガンキャットフードを与えてみてはいかがでしょうか。

 

カナガンの購入方法について