スマートフォン解析

カナガンは穀物不使用にこだわって作られているため、猫にとっても安全な食事となっています。

グレインフリーの必要性

骨付き肉

 

猫は本来、完全肉食の動物です。
ですが、市販で販売されているキャットフードの多くには、トウモロコシ小麦といった穀物類が多く含まれることはご存知でしたか?

 

実はこの穀物をずっと食べ続けることによって、食物アレルギーに繋がることがあります。

 

完全肉食の猫の消化器官に秘密があります。
猫は完全肉食の為、トウモロコシや小麦といった穀物類(炭水化物)は、猫の消化器官では上手く消化吸収することができません

 

ですので、これらをずっと食べ続けることによって、消化器官の異常や、皮膚のトラブルの原因を発生させ、食物アレルギーに繋がっていくといわれています。
ちなみに数値で表すと、猫が炭水化物を消化できる量は35%といわれており、40%を超えてしまうと炭水化物を消化することが大変困難だといわれています。

 

 

 

他社がフードに穀物を入れる理由は?

 

猫が炭水化物を消化するのが困難にも関わらず、なぜ多くのキャットフードメーカーが穀物を含んでいるのでしょうか?

 

一言で表しますと、「つなぎ」や「カサ増し」として穀物を入れることによって、フードにかかるコストを大幅に下げることができると言われています。

 

穀物

このようなことからカナガンは、現在のペットフード業界の現状を嘆き、猫の食生活栄養素に着目し、このグレインフリー(穀物不使用)というキャットフードの開発にたどり着いたといわれています。

 

カナガンは猫が快適に生活できるために、栄養価値がないといわれる穀物は一切使わないことにこだわって製造されています。

 

ですので、自然と他のフードメーカーと違いフードの価格が高くなってしまいます。

 

更に、カナガンの開発者であるエディー氏自身も、日常の生活で穀物不使用にこだわって生活を送るようしているようです。
エディー氏がこの生活を続けた結果、不要な脂肪が落ちたようで、更に元気な生活をおくっているようですので、猫にも期待できそうです。