スマートフォン解析

臭いがきついけど原因がそれとは限らない?もうひとつの理由とは

食べない主な原因は?

 

せっかくカナガンを買ったのに食べなかったという口コミが、ネットで少数派ですが上がっていました。
ですが、安全に作られているキャットフードこそ食いつきが悪いものが多いものです。

 

驚く女性

なぜなら、添加物が入っているキャットフードのほうが、猫にとっては美味しいからだと言われています。(カナガンは無添加)
ですが、添加物が入ったものが美味しいと感じるのは、変な言い方をすると、美味しく感じさせるための体に悪いもの、つまりは添加物を入れているからなのです。

 

猫の健康を考え、添加物が極力入っていないキャットフードを与えても食いつきが悪く、結局は添加物が入ってるキャットフードに戻してしまうという飼い主さんも非常に多いです。

 

 

原因は何?

 

臭い?

中でも、一番原因ではないか?といわれているのは、キャットフードの臭いでした。
猫は基本、臭いに敏感だといわれていますが、カナガンが少しきついのかもしれません。
ですが、逆にこの臭いが大好きでとても食い付きが良いという声もありました。

 

魚に慣れすぎた?

次に言われている原因が、日本で販売されているキャットフードの多くが魚が主原料になっているものが多いのに対してカナガンは肉が主原料になっておりますので、これも食べてくれない1つの原因だと考えられます。

 

また、急に新しいフードに切り替えると食べない場合が多々ありますので、食べない原因は臭いではなくそちらの可能性も大きく考えられます。

 

 

なぜ、そんなに臭いが違うのか?

 

眠る猫

カナガンは、無添加のキャットーフードです。

 

人工的な香料の変わりに、加水分解した内臓から作られているチキングレイビーを使用し、他にもアニスの実も使用されています。

 

猫は、臭いに敏感だといわれていますので、添加物を使用しないかわりに、チキングレイビー使用することで食いつきをあげています。

 

 

 

対策

 

どんなキャットフードでも同じですが、フードを違うものに替える際はいきなり替えるのではなく、少量ずつまぜながら切り替えていくようにします。

 

最初は、いままで使っていたフードに約1/4程度カナガンを混ぜます。(これ以下でもOK)
これを約1~2週間程度の時間をかけて、徐々にカナガンに慣らしていきましょう。

 

いきなり替えると、お腹の状態を崩してしまうこともありますので、焦らずゆっくり猫の体調を見ながら替えていきましょう。