スマートフォン解析

なぜ全ライフステージ対応が大きなメリットがあるのか、詳しくご説明していきます。

全ての猫種・ライフステージに対応

 

猫と獣医

猫は成長段階で必要な栄養や成分、運動量が異なります。
このようなことから、一般的なフードは子猫用成猫用高齢猫用をライフステージに分かれてフードが販売されています

 

ですが、カナガンは猫が本来求める栄養素に着目することで、このような全ライフステージに対応できるようにつくられています。

 

 

オールステージ対応のカナガン

 

カナガンキャットフードは高たんぱく質なフードで、このたんぱく質含有量は全年齢の猫たちにとって重要な要素になります。
一般に販売されている、炭水化物を多く含んだ成猫用や子猫フード以上だと言われています。

走る猫

 

ふんだんに配合されたたんぱく質により子猫が元気に動いて運動する時に使う、筋肉など体作りの助けになり、また、たんぱく質が多く含まれていることは、高齢になって食欲が落ちて少し痩せ気味になってしまった高齢の猫の食いつきを上げたり太りやすくしたりという効果がありますので、安心して与えることができます。

 

他にも、年齢を重ねると猫に多く見られる下部尿路の健康にも配慮されたています。
これにはクランベリーを配合し、更にマグネシウムの数値も猫の健康を考えて配合されています。

 

マグネシウム

カナガンキャットフードのマグネシウム数値は0.09%となっており、この数値は質の良いキャットフードとして充分に言える数値です。
尿路結石を招く原因とも言われていますが、マグネシウムは骨や歯の形成や代謝の促進などに欠かせない成分です。それらを考慮し、マグネシウム数値を調整し、配合されています。

 

クランベリー

クランベリーは、尿路結石の予防効果が高いビタミンCが豊富に含まれています。
低マグネシウムに加えてクランベリーを配合することで、尿路結石の予防をお考えの飼い主様にも非常におすすめできます。

 

 

ダイエット効果もある?

カナガンはチキンが70%と、たんぱく質が豊富に作られています。
そのために、ゆっくりと消化吸収されることで、空腹感が軽減されるといわれています。

カナガンに含まれる栄養素

 

ちなみに、炭水化物(穀物)が主体のフードは、消化吸収が早く血中のグルコースが上がるといわれており、脂肪が蓄積されやすいといわれています。

 

完全な肉食動物である猫の満腹中枢は、たんぱく質や脂質で刺激されるといわれており、このようなことから、たんぱく質が主原料であるカナガンはダイエットにも効果があるといわれています。